訪問看護の現場で求まられるスキルや経験

訪問看護師として働く場合、現場では、ある程度のスキルや臨床経験が求められます。

 

訪問看護師として採用をされる条件には、3年から5年の勤務経験があげられることが多くあります。しかし、実際の現場では、訪問看護師の数があまり多くないこともあり、経験の浅い看護師が採用になることもあります。

 

しかし、この仕事は、経験が浅くても入ることができてラッキーというような世界ではありません。実際に現場をみてきた人と、そうでない人には大きな差があるからです。それだけのスキルの溝を埋めるためには、人一倍の努力が必要となってくるのです。なぜ、現場で実務経験が必要となってくるのかというと、「判断力の有無」に大きく影響をしてくるからなのです。

 

訪問看護師の仕事は、一人で考えて行動をすることが多くなります。自分の判断で大きく状況が変わることもあるのです。精神的なプレッシャーも常につきまといます。このようなときに、冷静な判断ができるのかどうかというのには、実務経験が大きく関係をしてくるのです。

 

訪問看護師に向いている人というのは、1対1のコミュニケーションをとるのが苦ではないという人です。さらに、聞き上手であり心が柔軟であることも大切になってきます。

 

また、相手の気持ちを察することが得意かどうかも重要なことなのです。危険を少しでも早く回避をするために、予測能力が高いということも大切になってきます。さらに、高い看護師スキルを身につけるためにも、目標を達成する意志が強いことも大切になってきます。

 

訪問看護師求人紹介に強い看護師求人紹介サービス