訪問看護、在宅看護の今後の課題とは

介護保険の財政がひっ迫しているなかで、国は今後、在宅介護や在宅看護、つまり住み慣れた地域で必要な介護や医療のサービスを受け、できるだけ長く自宅で生活してもらうことを重視すると言う方針を打ち出しました。

 

ですから在宅介護や在宅看護に対する需要は、今以上に増すことが予想されます。よってその業務に従事することができる人材の育成、確保と言うのも急務です。

 

特に在宅看護にあたっては看護師の存在が不可欠であり、現状でも不足している看護師の数をどのように増やしていくかが課題のひとつと言えます。また在宅看護は、医療機関で医療行為や療養生活の援助を行うのとは勝手が異なります。それをじゅうぶんに行うことができる機材、看護師に指示を出すことができる医師あるいは医療機関と連携が必要であり、そうしたことが整えられていないために、満足なサービスを提供できていない事業者などに対する助言や指導、支援も今後は欠かすことができない課題です。

 

そして在宅生活者を支援する役割を担っているのは、何も医療職だけではありません。その人の身体面及び生活面の援助を行っている介護職、あるいはその人の家族と言った存在も重要な役割を担っています。より良いサービスを提供するためには、そうした人たちと在宅看護に携わる人との連携が必要です。
この連携がうまくいっていない、その要因などを解明していくことも今後の課題のひとつです。互いが互いの業務に対して理解を持つことは、在宅支援においては重要です。

 

そのためには互いの業務に対する知識や技術を、基本的な内容であれおさえておくことが必要であると考えられます。そう言ったことから今後は、介護に対しても一定の知識や技術を持つ在宅看護従事者、あるいは看護に対しても一定の知識を持つ在宅介護従事者が求められると予想されます。

 

訪問看護師求人紹介に強い看護師求人紹介サービス