在宅看護師としての役割と現状

介護や支援を必要とされる方でも、在宅、住み慣れた地域で、そして自宅で生活をしている方は多くいます。
また国も、介護保険や医療保険の財政を抑えるために、在宅で介護や医療を受けることを重視すると言う方針を打ち出しています。

 

在宅介護は、身体面、生活面からその人を支援します。たとえば外出の際の援助、食事や排泄、入浴と言った生活動作の援助、更には整容や調理の援助です。

 

また所定の研修を修了している等の条件を満たしていれば、胃ろうなどの経管栄養を行うことも可能です。ただしこの場合でも、胃ろうがきちんと胃に挿入されているかどうかを確認することは、介護職にはできません。それは、これが医療行為に該当するためです。
この他にもたとえば医療器具の管理、その人の病状の確認や判断、またかかりつけ医の指示に基づいた処置なども、医療行為に該当します。

 

在宅介護に従事する者では行うことができない、こうした医療行為を行うのが、在宅看護の主な役割です。医療行為は原則、それを行うことが許可された資格を有している人にしか行うことができません。

 

在宅看護に従事している人は看護師の資格を有しているため、これらの行為を行うことができると言うわけです。またこれ以外にも、在宅看護の役割には療養上の生活の支援も含まれています。ですから介護職が行っている支援を、在宅看護が行う場合もあります。

 

しかしこれ以外にも基本的なこととして、その人の話に耳を傾けること、特にその人自身も認識していないような健康状態の変化が、その話の中に含まれていないかどうかをとらえるのも、在宅看護の大きな役割です。そしてそれをかかりつけ医や介護職、その人の家族などに伝え、よりきめ細やかな、その人に合ったサービスが提供できるように努めるのも役割のひとつです。

 

訪問看護師求人紹介に強い看護師求人紹介サービス