訪問看護、在宅看護のリハビリ

訪問看護は、看護師が自宅で看護サービスを提供するものです。かかりつけの医師の指示に基づき、住み慣れた自宅で行われるので、安心して受けることが出来ます。
体が不自由だったり、病気のため、後方支援が必要な人で、医師が訪問看護の必要性を認めた、乳幼児から高齢者までが、このサービスを受けることが出来ます。利用には、かかりつけの医師、または訪問看護ステーション、ケアマネージャーに相談します。

 

訪問看護では、看護師による医療行為の他、入浴や排せつの介助、在宅リハビリなどが出来ます。万が一、体調の急変があっても、看護師が付いているため安心です。

 

リハビリとは、全身状態の確認や機能回復、日常動作の訓練、指導などを行うものですが、在宅リハビリは、療法士や看護師が医師と連携して、住環境などに合わせた個別のプログラムを作成し、実施するものです。

 

例えば、全身状態の確認とは、血圧や脈拍などの健康状態をチェックし、状態が悪ければ医師の受診を勧めるなどします。また、日常動作の訓練とは、寝返りや起き上がり、食事やトイレなどについて、実際の動作練習を行ったり、アドバイスをし、日常生活で自立した生活を送れるようにするものです。そして、心理面では不安を和らげたり、意欲が持てるような声掛けをしたり、適度な刺激を与えることで、精神面を活性化させると言ったことも行います。このような在宅リハビリは、本人に対するケアはもちろんのこと、日々介護などを行う家族の負担を減らす目的もあります。