訪問看護師の資格とは

訪問看護師になるために必要な資格ですが、基本的には、看護師免許さえ持っていれば行うことができます。

 

しかし、医療と看護、そして介護には若干の違いがあります。そのため、医療機関によっては、特別な研修を設けているところもあります。そのような医療機関では、一定期間の研修を受けていることで、訪問看護認定看護師として認められるのです。
認定をされるためには、日本看護師協会の試験を受けることが必要となってきます。その試験を受けるためには、受験資格が必要となってきます。
看護師の資格を持っていることは最低の条件となってきますが、そのほかに、通算3年以上の在宅ケアの介護および介護の経験が必要となってくるのです。また、訪問介護ケアの経験が5例以上あることもとわれます。

 

さらに、看護師以外の、助産婦や保健の免許を持っていても訪問看護師の試験を受けることができます。実際に、日本看護師協会に認定をされている訪問看護師の数はまだまだ多くはありません。しかし、これからの日本は、高齢者がますます多くなってきます。そのため、訪問看護師はいろいろな場所で求められるものとなってきます。

 

また、訪問看護師として働くためには、洞察力が必要となってきます。高齢者の方の早期の回復のためにも、洞察力つけておくことはとても大切になってきます。訪問看護師は地域と密着したケアが必要になってきます。社交性があるということも、とても大切なのです。