認定訪問看護師資格の取得方法

訪問看護師は、医師の指示を受けて、在宅看護が必要な患者の元を看護師が訪問し、身の回りの世話や医療行為、健康状態の確認などを行うものです。日本の高齢化に伴い、在宅看護の需要も高まっていて、今後もますます、増加傾向にあるとされています。
認定訪問看護師は、日本の看護師免許を持っていて、実務研修が通算5年以上あるなどの条件の他に、認定看護師教育課程を修了していることの3つをクリアする必要があります。さらに審査を受けて合格出来れば、認定訪問看護師になれます。制度が導入されて、まだ20年程度と歴史は浅いものですが、多くの病院が優遇しているため、資格を取得するメリットも多々あります。
以前と比べて、認定訪問看護師の必要性が高くなっているため、年々認定者も増加傾向にあります。認定訪問看護師は、通常の看護師よりも、特定の分野に特化した知識や経験を持っているため、患者に対して、より集中的なケアが出来、患者に対する指示も出来るなど、通常よりも幅広い業務を行うことが出来るため、必要性はとても高いものとなっています。

 

また、看護師の中でも上位の地位に属するため、給料が増えたり、現場での信頼も高くなり、自分自身のスキルアップにも繋がります。資格取得前よりも、業務範囲が広がるので、以前と比べて、より一層のやりがいを感じるようになります。一度認定訪問看護師の資格を取得すると、その後は、5年ごとに更新が必要となります。

 

訪問看護師求人紹介に強い看護師求人紹介サービス