今後は、在宅看護が必要な方が増加

在宅看護とは、看護を受ける人が住み慣れた場所、つまり自宅で展開される看護のことです。
かかりつけの医師の指示を受けた看護師やヘルパー・療法士が、看護や介護を必要とする人の自宅を訪問し、血圧や体温などの測定や、入浴や排せつを始めとする身の回りの世話をしたり、医療処置やリハビリを行ったり、家族の相談に乗るなど、家族とともに生活の場をサポートするものです。

 

総合的な医学知識や、家族とのコミュニケーション能力など、高い専門性が求められます。
日本は、少子高齢化に伴い、高齢者の増加によって、病院のベッド数が足りなくなり、在宅医療を行わざるを得ない状況になりつつあります。

 

そのため、在宅看護を必要とする人も増加するとされ、必然的に在宅看護の需要も多くなるとされています。
また、見ず知らずの人と病院で一緒に過ごすよりも、安心出来る自分の家で、家族と毎日を過ごした方が良いと言う、精神的なメリットや、個人の幸せを守ることが出来る、と言う点からも、在宅看護の需要は増えつつあります。

 

在宅看護の利用は、かかりつけの医師、または、訪問看護ステーションに相談をすることで、利用が可能となります。寝たきりの高齢者や重度の障害者・障害児、慢性疾患患者など、要支援や要介護が必要と認められた人であれば、乳幼児から高齢者まで、誰でもサービスを受けることが出来ます。
また、在宅看護の需要の増加に伴い、訪問看護ステーションも徐々に増えつつあり、その受け皿が広がっていると言えます。

 

訪問看護師求人紹介に強い看護師求人紹介サービス