訪問看護師、訪問ステーションの人間関係

訪問看護師を取り巻く人間関係は、たくさんの人によって成立しています。
まずは利用者の方のかかりつけ医師、または指示などを出してくれる医師です。医師の存在なくしては、利用者の方に必要な医療的ケアを行うことは不可能です。
だからこそ、訪問看護師は医師との連携に努める必要があります。医療的ケアに関する情報は勿論のこと、利用者の方の健康状態や医療的ケアの中で生じた疑問点や問題点などについても、きちんと共有しておき、話し合う必要があります。
忙しい医師であればあらかじめ、そのような情報のやり取りをする日時を決めておくことが求められます。

 

またスムーズに連絡を取ることができる手段の確保も重要です。それから介護職も、訪問看護師の人間関係を成立させている存在です。

 

介護職は、訪問看護師とは異なり、原則、医療行為を行うことはできません。しかし利用者の方のより良い生活のためには、介護職による身体介助や生活援助を欠かすことはできません。
たとえば床ずれによる褥瘡などが発生していた場合、介護職の人と共に、利用者の方の体位の変換などについて話し合うことが求められます。

 

利用者の方の健康を守るためには、介護職との連携も重要ですから、常に風通しの良い関係を保っておくことが求められます。
そして利用者の方あるいはその家族も、人間関係を成立されている大きな存在です。この方たちの協力なくしては、必要な、そしてより良いサービス提供をするとは困難とさえ言うことができます。
しかし現状に対する不満や不安、戸惑い、またサービスに対する考え方の違いなどによって、訪問看護師との間で衝突が発生することも決して珍しくはありません。

 

そんな時は医者や介護職と言った第三者に相談をする、あるいはその人たちを交え話し合いをすることなどが求められます。そしてこのような場合でも、主体は利用者の方やその家族にあることを忘れてはいけません。

 

訪問看護師求人紹介に強い看護師求人紹介サービス